お知らせ

お知らせについて書いています。

見島は「日本で初めて生きたユリヤガイが発見された地」として知られていますが、過去約30年その生息が不明となっていました。ところが本年7月25日、萩博物館は水産大学校などの協力による潜水調査で生貝を再発見し、今も見島に生息していることを確認しました。


今回の調査で再発見されたユリヤガイの生貝
貝殻の部分の長さ:約5mm)


ユリヤガイの生貝が再発見された見島の砂見田ケ浜

ユリヤガイとは

ユリヤガイは大きさ5mmほどの緑色の小さな貝で、アサリやハマグリのように二枚の殻をもちながら本体(軟体)は巻貝そのものであるという、「二枚の殻をもつ不思議な巻貝」として知られています。






平成31年4月9日


本日萩海運本社萩港にて「おにようず」の見送り式が行われました。

「おにようず」は平成10年4月に見島航路に就航し、21年間の役目を終えました。

第二の人生のギリシャに向けて萩港から出港いたしました。

長い間お疲れ間様でした。「おにようず」ありがとう!!





3月24日(日)に萩海運有限会社本社岸壁及び萩市見島にて見島の新船「ゆりや」の竣工式が滞りなく行われました。
当日はブラスバンドの演奏や見島の子供たちにより踊りが披露されました。
また、テープカットや餅まきなどの記念行事が行われました。
竣工式は皆様の御協力により無事に終えることができました。
なお、新船「ゆりや」は4月1日より就航いたします。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 9:00〜18:00)

電話番号:0838-25-2040